ドンマイ!とナイスファイト!な人生の歩き方      ~それでも世界に愛を叫ぼう

貯金ナシ、準備ナシ、当てもナシの計画性まるでゼロでも卒婚に踏み切った私の 参考にはならないが「なんとかなる!」と勇気が出るブログ

 安西先生にポチッと1票!

 

そもそもパートナーシップってなんなのさ?

 

 今年に入って私の人生が大きく変わり始めた。

結果、私は「離婚する」という選択肢をとって今に至るわけだけど

ここに至るまでに、たくさんの葛藤があった。

 

大好きで結婚して、子どもを産んで、家族になった。

実に単純でシンプルな流れだけど、

この中にたくさんの歴史が刻まれている。

 

当たり前に幸せになるために私たちは生きていて

それが当然そうなるものだと思って暮らしてる。

 

じゃあなんで離婚するの?と聞かれても

夫婦の問題は、一言では語り尽くせなくて

簡潔にこれだ!という理由が言えるわけじゃない。

 

 

でも強いて言うなら

「私が私らしくいられなかった」ことに

大きな原因があると思う。

 

私は、家族が大切で大好きです。

それはいまも変わらない。

これからも、家族が土台にあって

それが中心で私の人生は動いていくだろうとおもう。

 

ただだからと言って

家族のために、自分の人生をすべて捧げるわけじゃない。

 

やりたいことを、

やりたいようにやっていく。

それも決まってる。

 

子ども達は、手が放れていく一方だから

とくに心配もせず、全面的に信頼して

彼女たちが自分の人生を全うしてくれたらいいなと

願ってる。

 

だけど

夫婦となると、やっぱり違う。

 

私が私らしくあるために、

かつ旦那さんが旦那さんらしくあるために、

二人で互いに違いを認め合っていく必要がある。

 

その行程の中で、

当然、何度も衝突が繰り広げられる。

 

どうしたら、

夫婦がともに幸せでいられるのか?

 

何度も何度も、ケンカをしながら、

内観しながら、私たちなりの丁度良い形を探してきた。

 

でもね、

一方だけが、どんなに頑張ってもダメなんだよね。

 

講座の生徒さんやクライアントさんでもそうなんだけど、

「変わらない」と決めている人を

どんなスキルや戦略を使っても

無理矢理に動かすことは出来ない。

 

そもそも身内にスキルや戦略なんか通じないし

使うと余計ややこしくなるわね。

 

それよりも自分が変わっていくことで

いつかその姿を見ていて、

「変化は怖くない」と思ってくれたら

ようやくスタート地点にたてるのかもしれない。

 

そこまでに、根気がいる。

夫婦だからそれも覚悟の上だった。

一生賭けてでも、

ふたりで理想の未来へ行きたいと思ったし

そうなれると思ってた。

 

 

ただ、ここに誤算があった。

 

自分の変化、成長を重ねて、

自分が自分らしさへ近づけば近づいていくほど

自分の軸を取り戻していけばいくほど、

旦那さんとのバランスを取るのが

難しくなっていったんだよね。

 

自分が思い描くビジョンの中に

旦那さんがいない。

 

イヤイヤ、違う違う。

ここに旦那さんを入れなくちゃ。

うちの家族構成は4人でしょ。と

 

かき消して、無理やり登場させる。みたいな

不毛なことをしていたりね。

 

おかしなことしてるわ、自分。と思いながら

それでも、「家族が大事」に縛られて

パートナーシップちゃんとしなくちゃ!と

頑張っていたわけですよ。

 

その根底には、

【女性が起業(自立)すると離婚する】と言われている

ジンクス通りになるのが嫌だったんだよね。

 

いやいや、起業したって離婚しないもんねぇ~

うちは、大丈夫だもんねぇ~

って変なところで見えない何かと戦ってたんだよね。

 

見栄っ張りというか、意地っ張りというか、

それが本当の意味での成幸。みたいに思ってたとこがあった。

 

最近、

女性が稼いでも愛されて、

パートナーシップも良くて家族円満が素晴らしい!

みたいな風潮があるのを肌で感じてる。

 

それに私もまんまとハマっていたんだよね。

 

 

そもそもパートナーシップってなんだ?

 

それってね、とっても素晴らしいことだとおもう。

それが出来たら、本当に幸せだし

私もそれを望んでいたし、

そのために、何度も何度も再構築してきた。

 

けど、ふと自分の歩いてきた道を振り返って

かつ世の中を見渡したときに

果たしてそれは本当にそうなんだろうか、、、?って

思うようになったの。

 

女性が稼いでも愛されて、

パートナーシップも良くて家族円満!って

 

オール5を目指そう!って

掲げているようなものなのかもしれないって。

 

そしたら、

私、そのキャラ違う。

 

 私は、それを証明したくて生まれてきたわけじゃなくて、

 

いろんなことがあっても、

それでも、ええやん!

すごい経験したやんねぇ!

遠回り上等!

って、優等生では感じられない

泥臭い生き方を味わいたくて生まれてきたんだ!ってところに

たどり着いた。

 

最終的には、寂聴さんを目指してるところがある(笑)

寂聴庵とか開きたいとか構想があるし。。

(ねぇ、もう一人のひとみよ)

 

 

生きてることで体験できることすべてを

味わい尽くして、

その中で学び得たことを

悩んでいる人や、生きづらさを感じてる人たちに

伝えて、「不器用な自分のオモロイ人生万歳!」って

一緒にお腹抱えて笑って

 

どんな人の人生も肯定したい。

だけなんだよね。

 

倫理とか、道徳とか、常識とか、

そんなもんすっ飛ばして、

ノウハウとかスキルとか法則とか戦略とかで

ガッチガチに武装して創り上げた人生じゃなくてさ、

 

不器用に

つまづいて、すっ転んで、

怪我して、カサブタ作って、

泥にまみれながら、

 

自分の願望、好奇心に素直に、まっすぐに

失敗なんかも面白がって

毎日がエキサイティングで

ユーモアに溢れた人生を送りたい!

 

みんながそれぞれの秘密基地を作ってさ、

そこで密談したいよね。

 

それが、私の熱さであり情熱なんだよね。

 

そう!

みんなでWAHAAHA~って笑いたいだけなんだよ。

 

そうなると、

私が頑張ってバランスをとっていた

パートナーシップ。

 

女性が稼いでも愛されて、

パートナーシップも良くて家族円満が素晴らしい!

 

に、違和感が出てくる。

 

そもそもパートナーシップって

なにもうまくいかせるだけが、

パートナーじゃないよなって。

 

この世のすべてを学びと捉えるだとしたら、

 

うまくいかないことを学ぶ

パートナーシップだって

必要じゃんか!!

 

お互いに、

ぜんぜんうまくいかねぇ~~

なんじゃこりゃぁ~~

って、ドロドロした感情を味わうために、

必要な存在があるでしょ。

 

そもそも、

うまくいかない形を人が経験してるから、

そこに芸術が生まれてんだしね。

 

ハッピーエンドばっかりだったら、

飽きるよね。

 

小説だって、歌だって、絵画だって、

なんだって、

人間の歴史と寄り添ってきた芸術は

人の欲望や醜さをストレートに表現してるから

面白みがあって、

人はそこにそそられるんだから。

 

完璧じゃないとこが、完璧であって、

欠けているから、美しいんだよね。

 

ポジティブな感情や行動、衝動だけじゃなくて

 

傷ついたり、傷つけたり、

怒ったり、泣いたり、恨んだり、恨まれたり

騙したり、騙されたり、、、、

 

っていう、

人の闇の部分の葛藤を味わうことも

醍醐味なんじゃなかろうか。

 

そんないろんな経験をしてきた人に

人は惹かれるし、

興味を沸くし、

好奇心を刺激される。

 

形や枠に囚われていないから

憧れるんだろうし。

 

そこに自由と強さと責任を

感じられるだろうし。

 

ずっと優等生でいるのは

やっぱり疲れるよ。

ある一定の誉れや賞賛は受けられるけど

 

それは他者評価であって

自分的にどうか?っていうと

そんなものなんのエンジンにもならないよね。

 

そもそも面白くない。

 

 

そこが、スッコーーーん!!と抜けてからは、

いままで強く握り締めて離せなかったものを

手放す決意ができてきた。

 

そして、私は無理をしてバランスを取ることをやめた。

「頑張ること」を止めたのね。

 

そしたら、

途端にいろんなことが明るみになって、

一気に、お別れへ進んでいった。

 

もう、超~スピードだったよ。

早い!マジ速い!

 

 

ターゲット!

(目標)に狙いを定めて

フルスピード!!

(全速力)で、

トゥーマンス!!!

(2か月[以内])に結果を出す。

By 世界一難しい恋

←(最近のツボ(●´艸`))

 

とは言っても、

自分の意思で動いていったわけじゃなく

自分の気持ちが決まったら

そういう方向へ向かわざるを得ないような

出来事が起きて、

自分の気持ちに嘘を付かず、

その勢いに乗った結果、

早くいろいろ決着がついてきたってのが

ホントのとこだけどね。

 

ほんとに

フルスピード!!

(全速力)で、

トゥーマンス!!!

(2か月[以内])に結果を出す。

 

 

もっと諸々本当はいろいろ準備してから、

踏み切れば良かったんだろうけど、

そこの準備はなにもなく

勢いだけで、今に至ってる(笑)

 

そこが、私らしいっちゃあぁ、

私らしいところではあるな(≧∀≦●))ケッケッケッ

 

f:id:hitomi-sk:20160531165651j:plain

 

だれのための人生なのか?

 

ただ、ここに尽きる。

 

私は、親や子ども、世間体、ビジネスのために

生きてるわけじゃない。

 

自分の闇の部分もぜんぶ引き受けて、

それでもなお、「生きる」ことを

堪能するために

世間では真っ当だと言われている道や

レールには乗らなくていい、という

選択肢を持ってる。

 

この選択肢は、私を強くする。

 

そう思ってる。

 

 

学級委員長だって、

先生にいたずらして、

てへぺろヽ(*´∀`)ノってしたいやろ?

 

授業さぼって、

トイレで恋バナしたいやろ?

 

親の言うこと聞かずに、

深夜徘徊したいやろ?

 

その選択肢だって

自分で決められるってことだよ。

 

 

大切なことって・・・

 

パートナーシップをうまくいかせること。

だけじゃなくて、

 

この人とパートナーになることで

自分はなにを体験したいんだろう?

なにを気付きたいんだろう?

なにを学びたいだろう?

なにを隠し持っているんだろう?

 

どんな自分と出会いたいんだろう?

 

ってことなんじゃないかな。

 

そこだけ押さえておけば

どんな出来事だって

オールOKじゃん?

 

 

優等生ばっかのクラスは、

やっぱり楽しくないよ。

 

そこで、マウンティングが始まるだけで。

 

 

 

わたしは

そんな世界から、

 

イ~チ抜けッピッ!!

f:id:hitomi-sk:20160531165905j:plain

 

 

 

 

ねぇ、ところで君はさ、

本当はどう生きたい?