読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドンマイ!とナイスファイト!な人生の歩き方~プラス1の章~

不器用すぎて生き辛いこともある。人生しくじって怒って泣いて、笑って笑って笑って、そんなトンチンカンな自分にエールを贈ろう。それでも世界に愛を叫ぶよって感じのブログです。

========<<募集中>>========

《スカイプ全国対応》決めると、進む。始まる未来!

グループ講座開講決定!!MOM個別体験セッション募集開始です!

reserva.be

 

 

 安西先生にポチッと1票!

 

「好き」の達人

 

こないだね、

友達と話してて、

 

「誰かを好きになるのに

自分のプライドなんか必要ないよねぇ」

 

って話になったんだよね。

 

その人は、

めちゃ真っ直ぐ人を好きになるんだよね。

 

勝ち負けじゃなくて、

純粋に「好きだ」を

伝える人なのよ。

 

自分の「好き」にストレート。

 

これってすごいことよね。

若干、しゃくで、

腹立たしいんだけど( ̄Д)=3

尊敬する部分ではある。

 

 

自分がそこ出来てるか?って問えば

変なプライドとかが邪魔して

考えすぎちゃって出来ないこともあるからさ。

 

 

でも条件とか体裁とか

その他それに付随するいろいろを考えちゃうと

まずそもそもその人のこと本当に好きなの?って

話になるわけで。

 

 

 

これってね、

人間関係だけに限らず、

 

仕事でもビジネスでも

自分の夢に対しても

そうなんじゃないかとおもふ。

 

 

本当に本当に

守りたいなら

 

カッコつけてる場合じゃないんだよね。

 

 

本当に本当に

手に入れたいなら、

 

変なプライドに振り回されずに

 

「好き」にまっすぐに向かっていくのが

一番の近道なんだよね。

 

 

いろいろ考えちゃうとき

プライドが邪魔するとき

 

それって本当は「好き」じゃないのかもしれないね。

 

その他付随する「何か」に魅力を感じているだけで。

 

恋に恋してる。みたいなねぇ~ (*ノω<*) アチャー

 

 

f:id:hitomi-sk:20160613161209j:plain

 

 

 

究極の「好き」の達人ってのは、

やっぱり子ども達だね。

 

 

ゴニョゴニョ考えることもなく

「ただ好き」

それだけなんだよね!

 

 

 

師匠がいつもそばにいて

教えてくれてるわゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ