ドンマイ!とナイスファイト!な人生の歩き方      ~それでも世界に愛を叫ぼう

貯金ナシ、準備ナシ、当てもナシの計画性まるでゼロでも卒婚に踏み切った私の 参考にはならないが「なんとかなる!」と勇気が出るブログ

 安西先生にポチッと1票!

 

絶望のその向こう側。

 

変な話になるんだけど、

私の中には何人もの「瞳」が住んでいる。

 

みんなもそうだと思う。

 

いろんな自分が存在していて

 

分単位でいろんな顔を出す。

 

 

その時の思考によって性別すらも変わる。

 

 

 

最近、ある人に言われた言葉が

私の頭を埋め尽くしてる。

 

 

『いろんな顔を持ちなさい。

そうすれば人間の層が厚くなって

人生の深みが増すから』

 

と。

 

 

今までもそうしてきたけど

この言葉をもらってからは

意識してそうするようになった。

 

 

 

すると、それが、実に面白い!

 

自分が面白いの。

 

 

 

いろんな役を演じてる。

 

演じてるけど、そこに嘘は一つもない。

 

全員別々の人格を持っているけど

全部、自分なんだ。

 

 

人生は映画と一緒だというけれど

 

最近は本当にそうだなって実感してる。

 

 

どんな脚本で、

どんな配役で、

誰と出会って、

どんな事件を起こして、

どんな体験をさせるか。

 

 

全部、監督の自由だ。

 

 

そう!

私の自由なんだよね。

 

 

全米も泣いた!

って話ですよ。

いや、マジでマジで。

 

 

どれだけ面白可笑しいストーリーにするかは

全部自分次第。

 

 

 

今、私の周りに、

人が集まってる。って感じる。

 

 

私はネクラでオタクで引きこもりの性質を持ってるけど、

 

それを、面白がってくれる仲間が

そばにいて、

そんな、ひ〜ちゃんだからと集まってくれる仲間が

そばにいて、

そんな、私に興味を持ってくれる人が

声をかけてくれる。

 

 

人と同じことが出来なくて、

いつも一人でいた。

親にもたくさん迷惑かけてきて、

先生や身近な大人からも

「何を考えているかわからない子」と言われ続け、

「お前なんか何の糞の蓋にもならん!

1回死んでこい」とか言われて殴られ続けたりね。

 

 

言葉が通じない現実がいつもそこにあって、

私は、絶望して自分の世界に閉じこもったんだよね。

 

でも、様々な出会いから

私に興味を持ってくれる人たちがいて、

その人たちが何故か一生懸命になって

根気よく私の閉じた心を開こうとしてくれた。

 

「もう、いいって!」ってこっちが嫌がっても

何故か、タイミングを変えて・・

手を替え品を替え、人を替えて

外の世界に引っ張り出される。

 

なかなか

引きこもらせてくれないんだよねウケケケ(●・´艸`・)

 

 

全て人との出会いで人生が動いてきたなぁって思う。

 

 

何故か絶妙なタイミングで

いろんな人と出会えてきてる。

 

私に特別な才能があるわけじゃない。

むしろ、何にもない。

学歴も人脈もお金もない。

 

でも、何故か運だけはあったんだろうな。

 

人とのご縁で生き抜いてきたようなもんだ。

 

もうこれは私の生まれながらにして

持ちあわせた強みなんだと

認めることにする。

 

 

今ね、

自分の言葉が通じることの喜びを感じてる。

自分の思考が伝わる喜びを感じてる。

 

情熱を理解してくれる人に囲まれてる幸せを

肌で感じてる。

 

 

 

 

天に両手を広げて

「ありがとーーーーー!!」って叫びたい気分やで。

 

f:id:hitomi-sk:20160710194813p:plain

 

 

 

 

君が世界に絶望しても

 

世界は、君を見放さない。

 

この世界に「絶望」という言葉は存在しないんだ。

 

だから、諦めんな。