読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドンマイ!とナイスファイト!な人生の歩き方~プラス1の章~

不器用すぎて生き辛いこともある。人生しくじって怒って泣いて、笑って笑って笑って、そんなトンチンカンな自分にエールを贈ろう。それでも世界に愛を叫ぶよって感じのブログです。

========<<募集中>>========

《スカイプ全国対応》決めると、進む。始まる未来!

グループ講座開講決定!!MOM個別体験セッション募集開始です!

reserva.be

 

 

 安西先生にポチッと1票!

 

みんな自由だ!

「大変ですねぇ〜」 
「子どもさん可哀想だねぇ〜」 
 
 
 
って、誰基準やねん。 
 
 
「転勤族です」
って行った時も 
だいたい同じことを言われる。 
 
 

 

f:id:hitomi-sk:20161116110121j:plain


 
 
私、引っ越しを何回もしてても 
旦那さんと別れても
大変だなぁと思ったことは今の所ない。 
  
 
転勤が決まったと聞けば、 
子どもたちとガッツポーズしてた。 
 
別れて家を出た時も、ガッツポーズした。 
 
あの羽が伸びた開放感は 
今でも忘れない。 
  
私はしがらみが出来ると 
きっと窮屈になるんだろうな。 
 
 
そして実際、生活が始まって  
そりゃ時々は弱ってさ、 
過去に引き戻されたりして、 
  
虚無感のようなものが 
湧いてきて
泣けてくることもあった。  
 
でもそれも妄想や幻想だってわかると  
あっさり、ケロとしたりして。 
 
そゆ時は、だいたい 
悲劇のヒロインを演じたいモードなだけだから 
「よく頑張ってるやん」って  
泣くだけ泣いて自分を甘えさす。 
 
周りの友達に話して甘えさせてもらう。  
 
 
夫婦二人で分け合っていた責任を 
一人で受け持つことになって
一家の大黒柱になって 
 
って現実はきっと大変なんだけど、 
 
心が大変じゃない。  
 
そう思えるようになった。
  
お金の不安もない。 
潤沢にあるわけじゃないけど、 
なんとかなるでしょ。って思ってる。  
==== 
私は、心が自由でありたい。  
自分自身から自由になりたい。 
==== 
    
これには、やっぱり
訓練は必要。 
  
私もまだまだ途上。
 
 

何かで知ったんだけど(ごめん、記憶がない)  
 
アウシュビッツ収容所に収監されたある人が 
言っていた言葉があって 
 
その言葉に電気が走ったのを覚えてる。 
 
==== 
「どんなに私の体を痛めつけられても
どんなに私の体が不自由を強いられても 
 
何人も私の心を傷つけることはできない。
私の心を縛り付けることはできない。 
 
私はこの場においても自由である。」 
====  
  
そうだ!!そうなんだ!!って 
興奮した。 
環境や状況って関係ないんだなって。 
 
私の心は誰にもコントロールできないし、 
誰にも縛られない。 
 
そして、誰よりも自分を縛り付けて 
自由を奪っているのが自分だったと気づくと 
 
『心が風になる』By心屋さん^^
  
・ 
昨日、別れて初めて 
子どもたちと温泉に行ってきた。 
 
そういえば、温泉大好きなのに 
忙しさのせいにして 
行ってなかった。 
 
「行きたいねぇ」って終わらせてた。 
 
だから、思い立って、 
 
「今日行こう!」って夜に車走らせた。 
 
 
そしたらさ、 
 
久しぶりに三人で大爆笑の連続で 
意味ないことで涙流すほど笑って 
 
そうだ!そうだ! 
これ!これ!って 
 
私たちは、自由なんだよ。 
 
って感覚を取り戻せた。 
  
   
仕事モードになると、 
私は男になる。 
きっと男になってる。  
まぁまぁ、戦闘モードになってる。
  
ママが緩むと、 
子どもたちも当たり前に笑顔が増えるよね。 
 
 
昨日は、楽しかったなぁ^^

 

f:id:hitomi-sk:20161116110159j:plain