属さない女たち

It does not belong to women

ママほど外に出て働いたほうがいい

 

あくまで私の経験上での
見解です。

 


ママって
実はめちゃエネルギー値が高い。

 

そのエネルギーを
持て余してるから
モンモンとしてしまう。
エネルギーあるのに、
使う場所がわからない。
見つけられない。

 


『私なんて....』って
結婚生活、育児生活の中で
段々と自己否定が刷り込まれて、
自分で自分を
隅に追いやっちゃう。


(私、誰の役にも立てていない....)


私も、この思考に
かなりやられた。

 

私は、
男性優位な社会に
当時はめちゃくちゃ怒っていた。
働きたいのに、
働けない。

 

なんじゃ、
この馬鹿げた世界は!って。

 

でも、この怒りが
原動力になっていた。
結婚しても
妊娠しても
子どもが生まれても、
離婚しても、
人生のどんな波に紆余曲折しても
女性が
自分の人生を諦めずに、
生きていける社会を
作りたい。

 

 

それから、
いま目の前にいる娘たちにも

 

この先、どのステージにあっても
あなたたちの人生を
女だから、、を理由に
諦めなくてもいいことを
ママが証明する。

 

って、思った。

 


だから、ママが等身大となって
自由に快活に
外に出て
働いて、
その姿を
世の中に表現して欲しい。

 

 

それが、
未来の子どもたちの

希望の光になるから。

 

 

女性のエネルギーが
循環し始めたら
社会は間違いなく
変わる。

 

潜在的に眠らせている
ママたちのエネルギーが
循環し始めたら
子どもたちの社会は
間違いなく
変わる。

 


エネルギーを
呼び覚まそう。

そこから始まる未来がある。

 

 

f:id:hitomi-sk:20170206152212j:plain

 


****
精神性を高めて人の傘となる人を生み出していく 

*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*

  Make up One’s Mind体験セッション募集中

  「決めた人から物語の1ページが開かれる」 

*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*