読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドンマイ!とナイスファイト!な人生の歩き方~プラス1の章~

不器用すぎて生き辛いこともある。人生しくじって怒って泣いて、笑って笑って笑って、そんなトンチンカンな自分にエールを贈ろう。それでも世界に愛を叫ぶよって感じのブログです。

*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:*:..。o○☆○o。..:*:..。o○☆○o*

私のストーリーはこちらから。。f:id:hitomi-sk:20170321175238j:plain

========<<募集中>>========

《スカイプ全国対応》決めると、進む。始まる未来!

グループ講座開講決定!!MOM個別体験セッション募集開始です!

reserva.be

 

 

 安西先生にポチッと1票!

 

起きていることは○○

マインド

 

f:id:hitomi-sk:20170312164448j:plain

 

 

今、人生の夏休み。してます^^

 

食べたいものを食べ

寝たい時に寝て、

遊びたい時に、遊び

散歩したい時に、散歩し

会いたい人に、会いにいき・・・

 

次々に溢れては消えていく感情を

見つめています。

 

とても客観的に、

自分を見つめています。

 

 

ちょうど、1年前から

私の新しい人生がスタートしたわけだけど、

その直後は、

めちゃめちゃ心身共に

疲れているのにもかかわらず

生きていくために、休む間も無く

目の前のことに必死にがむしゃらに

生きてきました。

 

自分が選んだ道を、

間違いだと思いたくなくて

「絶対、幸せになってやる、コンチクショー!!」

な感じでとにかく必死でした。

 

動いていること、

動けていることに

喜びを感じ

いろんなことを忘れていられる時間は

その時の私にとってはとてもとても大切な時間でした。

 

人の優しさに触れ

人の役に立てることを喜び、

こうして支えられて生きてることに

感謝をする日々でした。

 

 

とは、、、別に

置き去りにした気持ちもあったのは事実です。

 

 

そう、

私は、ちゃんと悲しまなかった。

生きるのに、一生懸命になりすぎて

前を、未来を、作り出すことに

エネルギーをかけすぎて

 

自分の「悲しい」「悔しい」「辛い」「寂しい」

に目を向けなかった。

 

そこを開けては、

立ち止まってしまうのがわかっていたから。

 

その時は、それが精一杯だったからね。

 

全て、予定通り。ではある。

 

 

そして、今

心にも余裕ができて、

覚悟もできたから、

 

一旦、人生の夏休みを

取ることにした。

 

過去を振り返り

過去から学びなおすことをしています。

 

気づいたこと、

もっとこういう風に捉えて

立ち回ればよかったこと、などを

毎日の生活で実践!実践!実践!

 

そして

悲しかった自分、

すっごく努力してきた自分、

頑張っていた自分を褒め称え、

許して、癒して、感謝して

手放す。

 

そんなことして何の意味があるの?

と時折ささやいてくるエゴは無視して、

潜在意識に刷り込んでいく。

 

 

 

 

「私は、何をしてもしなくても

 

愛されている存在である」

 

 

ということを。

 

 

そんなことをして1ヶ月。

 

 

これは誰にとっても必要なプロセスだと気づいた。

 

悲しい事実に蓋をしては

先には進めない。

 

悔しかった自分をなかったことにしては、

また同じ辛い出来事を

別の形や人を変えて引き寄せて

もう一度果敢にチャレンジしてしまう未来がやってきちゃう。

 

自立に偏りすぎている、

努力が美徳になっている、

人の前ではいつも元気に健気に笑顔で

私さえ我慢すれば、、と人一倍頑張ってしまう、

女性にありがちの負のループにはまってしまう。

 

 

 

表の世界で頑張っている人は

バランスを取るために

人様には言えないような秘密を持っていたりします。

 

光が当たれば

影ができるように

 

バランスを取るために

ダークな自分をうちに秘めています。

 

それが、表に出ると

不倫、借金、ギャンブル、お酒、暴力・・・とかに

なって出てくる。

 

自分が自分を嫌悪する影を

自ら作り出して

そこで発散して

心の安定を図っている。

 

その謎を理解したら

「起きていることは全て正しい」

と思えるようになりました。

 

そんだけ頑張っているから

そうなって当然のことで

それさえも抑圧して自分を律しすぎてしまったら

 

病気か死の選択をせざるを得なくなる。んだと。

 

生きていくために

最善のことが起きている。んだと。

 

 

そう気づいたら、

全てが愛おしくてたまらなくなり

 

不器用な自分も可愛くて

嫌悪したあの出来事も愛しくて

そんな結果に至った背景も

全部ぜ〜んぶ、

 

私が、

あの人が、

みんなが、

生きていくための

最高で最善の選択をしてきたんだと、

誇りに思えました。

 

 

今、生きて、

こうして、出会って、

「今、ココ、この時」まで運んでくれた命を

素晴らしいと思える自分が

大好きだなぁ〜^^

 

こうして心の豊かさを育めたのは

私に関わってくれた人たちみ〜んなの

ありとあらゆる関わりの結晶なんだね。

 

感謝^^