ドンマイ!とナイスファイト!な人生の歩き方      ~それでも世界に愛を叫ぼう

貯金ナシ、準備ナシ、当てもナシの計画性まるでゼロでも卒婚に踏み切った私の 参考にはならないが「なんとかなる!」と勇気が出るブログ

 安西先生にポチッと1票!

 

何事も自分軸とバランスが大切

 

多種多様性が認められてきている現在。

 

男が女に

女が男に

女が女を

男が男を

 

多く一般的に普通にカテゴリされる人たちの

理解も深まって

 

自由な性の世界が

優しくひらけてきている気がします。

 

 

そして、

「実は、、、私も、、、」と

カミングアウトするハードルも下がりつつあります。

 

 

そんな中で

ある該当インタビューをしている番組をみて

深く共感したことがあります。

 

 

インタビューされているのは男性。

心は女性です。

 

 

その彼(彼女?^^)にこんな質問

 

質「女性であることを親は知っていますか?」

 

と。

 

 

その問いに

こう答えていました。

 

「今の世の中、ありのままで自分の本当の姿を

カミングアウトすることが正義で

そこに感動を呼び寄せるような風潮があるけど

僕は、カミングアウトしない正義を貫こうと思う

 

と。

 

 

親には男の子として産んで育ててきた年月がある。

それを自分の勝手でカミングアウトして

親を悩ませたり悲しませたりはしたくない。

カミングアウトすることで自分は楽になっても

親は逆に苦しむだけ。

 

自分が「女性である」ということを

自分自身が受け入れてわかっていればいいこと。

 

親の前では、僕は男の子であり続けます。

 

 

と。

 

 

私!

しびれました!!!

キャッヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャッ

 

 

自分軸がしっかりしていると

 

自分にとっての大切なこと

相手にとっての大切なことを

 

大切にできるバランス感覚も

養われるのですね。

 

 

私が!私が!となっても

人の為に!が過ぎるのも

やっぱりいつかどこかで

バランスが崩れてしまう。

 

 

お互いの許容範囲、

お互いの真ん中、

お互いの軸を探しながら

 

自分も大切に

相手も大切に

出来るような人間になろうと思いますヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

 

 

カミングアウトしない正義。

かっこいいです! (●´艸`)ムフフ

f:id:hitomi-sk:20171007182215j:plain