属さない女たち

It does not belong to women

同じ波で共鳴し合う喜び

 

彼と私の波長は

同じなんでしょう。

 

どこにも違和感がない。

 

この感覚を人に対して持ったのは

初めてです。

 

1年前に起きた不思議な出会い

縁切り縁結びの神様にご挨拶したその夜

ラブストーリーは突然に!?

出会う前から決められてた出会い

 

 

今となっては、

彼と私の肉体というものが

「別々のモノ」であることに違和感を覚えるくらい

 

不思議な感覚で存在しています。

 

 

魂が、共鳴し合ってるのがわかるのです。

 

彼といると私の魂も

彼の魂も互いに安心しているのです。

 

何も喋らずそこに存在して

同じ空間にいることで

調和し合っていて

 

お互いの調子がいい時悪い時が

わかる。

 

もちろん喧嘩も言い合いもします。

 

でも、そこに不安はない。

 

信頼し合って

喧嘩をしている、のでしょう。

 

彼の器の大きさ

懐の深さ

理解力

どんなことも

解ろうとしてくれる姿勢

 

全てが

 

私に安心感を与えてくれるのです。

 

 

だから、私は

心置き無く

 

怒れるし、

寂しがれるし

悲しめる。

 

自分の負の感情を

上っ面やスキルを使って

納得させるのではなく

 

ただただその感情を

心置き無く

ぶつけさせてくれる。

 

それは、容易くできることではないことを

私が一番知っています。

 

 

彼は、私の凍った心を

解放してくれた恩人となりました。

 

f:id:hitomi-sk:20180423013756j:plain