属さない女たち

It does not belong to women

なぜ自分のことが 自分でわからなくなるのでしょう?

自分自身の

感情や意思を持つことをやめて

感情に蓋をしてしまったからです。

 

 

私たちは、小さな頃から

 

いい子にしていなさい。

言うことを聞きなさい。

あなたはこういう子だから、これにしなさい。

あそこの子と遊ぶのは止めなさい。

お前は、お母さん(お父さん)の言うことを聞いていればいいの!

子どもは口を出さなくていい。

あなたのために言ってあげてるのに。

女の子は良い人を見つけて結婚することが幸せなんだよ。

いい大学を出て大手に就職するのが1番安泰だから。

自分のやりたいことはお金にはならない。

夢みたいなことばかり言ってないで真面目に働きなさい。

こんなにもしてあげたのに、あなたは分からない子なのね。

 

 

というように、いつもいつも両親や大人の言うことを聞くことが

「良い子」だと無意識に教えられてきました。

 

そして大人や他人の「正しい」を押し付けられて

あたかもそれが「この世の正解なのだ」と決められて育ってきました。

 

 

つまり

 

幼少期から今までの出来事が

私たちを動けなくしました。

 

今まで何度も自分の思いや声を発してきたかもしれません。

 

でもその思いや声は 自分ではない誰か の「正しい」に

かき消されてきたのかもしれません。

 

その度に「私の声は届かない」と

唇を噛む思いをしてきた方もいるでしょう。

 

そして、これ以上傷つくのが嫌で怖くて

私たちは自分で考えることをやめ

感情を感じずに生きることを選び

 

他人に意思決定を任せ

そうすることで

自分自身を守ることにしました。

 

自分さえ黙っていれば、誰にも攻撃されない

言うことを聞いておけば親が喜ぶ

その場を丸く収めるために自分のことは後回し

 

目立たないように、

みんなと同じように、

変わり者だと言われないように、

足並みをそろえて、

ただ静かに

空気を読んで暮らしていれば

 

もうこれ以上、傷つくことはない。

 

そんな風に、

自分の中で静かに静かに

決着をつけました。

 

 

確かにそうかもしれません。

 

自分を押し殺して我慢さえすれば

これ以上傷つくことはないです。

 

 

でも本当にそれでいいのでしょうか?

 

 

これ以上、傷つくことはないですが、

今以上に幸せになることもない。

 

そのように感じていませんか?

 

このまま自分の人生を他人に預けたまま

自己表現することなく自分を抑えて暮らしていきたいですか?

 

 

私の答えはNOです

 

****
私史上「ワタシ」になる。 
Make up One's Mind体験セッション 
募集中です^^ 

 

hitomi-sk.hateblo.jp

f:id:hitomi-sk:20180511165239p:plain
****

 

f:id:hitomi-sk:20180511164501j:plain