属さない女たち

It does not belong to women

◆ 第15話 たくさんの選択肢の中からの決断への道

〜「ワタシ」を紡ぐ物語〜

Make up One's Mind・心を作る

 

私がもがいてもがいて

自分の在り処、居場所、

存在する意味を問い続け、

 

何に気づき、何を決めて、

何を手放し、どんな行動をし

今の私にたどり着いたのか

 

私自身の振り返りと

 

今、過去の私と同じように

悩み苦しんでいる人の心が

少しでも軽くなったり、

 

こんな人もいるんだと安心したり、

こんな人でも出来るんだと勇気が湧いてきたり、

この人いつもおんなじこと繰り返すよねぇって

笑ってもらったり、、

 

 

そんな風に

同じ地球に生まれてきた仲間として

 

このブログにたどり着いてくれたあなたの今日が

少しでも救われることを願って書いてみようと

思い至りました。

  

前回までの記事はこちら↓↓↓

hitomi-sk.hateblo.jp

 

f:id:hitomi-sk:20180610185216j:plain

 

◆ 第15話 たくさんの選択肢の中からの決断への道

 

彼のご両親からは産むことを反対され、

うちの両親は

それでも私たちが産むと決めたことなら応援する

と言ってくれました。

 

彼もうちの両親にとても感謝してました。

 

やっぱり器が違うな。と。

逆にうちの親には失望したし、情けないし

恥ずかしいと。

 

 

それは私にとってはとても誇らしいことでした。

 

自分の親が大切に思われることが

私は嬉しかった。

この人はそゆことがしっかりわかる人なんだと

本当に嬉しかったです。

 

 

今日は泊まって行きなさいということで

彼と実家で泊まることにしました。

 

そして、

次の日。

 

私はなんだかモヤモヤしてるのです。

 

本当にこの選択に間違いはなかったか・・・・

 

 

そして、少しだけ

お母さんと二人で話をしました。

 

 

「本当にこれでよかったと思う?

彼に縁を切らせる形を取らせるのは

どうなんだろう。。。この先のことを考えると

なんかモヤモヤする」

 

 

「お母さんは、Hitomiちゃんが良いっていうなら

いいと思うよ。

ただ、こんな形で一緒になるってのに

心残りがないのならだけど・・・」

 

 

「私もそれがなんかなぁ。。。ちょっと。。

私のわがままを通してるような気がして。。。

もし私が今回は諦めます、とすれば

全てが丸く収まるのがわかる。」

 

  

そんな話をしました。

 

 

そして色々考えたのです。

 

私は、どうしたいんだろう。。

 

 

結婚するとしても、

みんなに祝福してもらいたい。

 

そして生まれてくる子も

みんなの祝福の元この世に生まれてきてほしい。

 

そして、彼のご両親にも

認めてもらいたい。

 

だからすごく考えました。

悩みました。

 

どの選択をすれば

最善なのか?

 

いろんなことに

思いを膨らませて、

たくさんの想像をしました。

 

私の気持ち、

両親の気持ち、

彼の気持ち、

彼のご両親の気持ち、

 

 

これからのこと、

立場、

役割、

未来。

 

 

そして、私はある一つの決断をしました。

 

 

 

 

~ to be continued

 

 

次の記事はこちら↓↓↓

hitomi-sk.hateblo.jp

 

 

 

****
私史上「ワタシ」になる。 
Make up One's Mind体験セッション 
募集中です^^ 

友達追加で

LINE@特別価格で体験できますよ〜

友だち追加

hitomi-sk.hateblo.jp

f:id:hitomi-sk:20180511165239p:plain

****