属さない女たち

It does not belong to women

◆ 第26話 嵐の夜に。。。

〜「ワタシ」を紡ぐ物語〜

Make up One's Mind・心を作る

 

私がもがいてもがいて

自分の在り処、居場所、

存在する意味を問い続け、

 

何に気づき、何を決めて、

何を手放し、どんな行動をし

今の私にたどり着いたのか

 

私自身の振り返りと

 

今、過去の私と同じように

悩み苦しんでいる人の心が

少しでも軽くなったり、

 

こんな人もいるんだと安心したり、

こんな人でも出来るんだと勇気が湧いてきたり、

この人いつもおんなじこと繰り返すよねぇって

笑ってもらったり、、

 

 

そんな風に

同じ地球に生まれてきた仲間として

 

このブログにたどり着いてくれたあなたの今日が

少しでも救われることを願って書いてみようと

思い至りました。

  

前回までの記事はこちら↓↓↓ 

hitomi-sk.hateblo.jp

  

 

f:id:hitomi-sk:20181001210729j:plain

 

◆ 第26話 嵐の夜に。。。

 

妊娠してしばらくしてから 

社員寮を出て、

新築アパートに引っ越しをしました。

 

 

ヤッタぁーーーーーー(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン! 

 

クーラーあるぅーーーーー(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!

 

トイレが洋式ぃーーーーーーー(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!

 

追い炊きあるぅーーーーーーーー(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!

 

窓がちゃんと閉まるぅーーーーーー(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン! 

 

セキュリティばっちりぃーーーーーー(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!

 

インターフォン顔映るぅーーーーーーー(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!

 

 

 

ウェーーーーーーーイ!!!!

(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!

 

 

やっと新婚って感じがやってきましたが、

旦那さんは相変わらず出張でいないのさっ! 

 

それでも、家が安心して過ごせることは

とても大事でした。

 

空間、環境って本当に大事。

(切実〜(´∀`))

 

 

 

それから程なくして

いつでも生まれてもいい時期に。

 

怖いなぁと思っていた出産間近です。

 

 

出張から帰ってきた旦那さんと夕食を。

 

もういつでも生まれていい時期なんだってぇ〜

 

って話をしながら

布団に入りました。

 

 

外は、季節外れの嵐の夜でした。

 

窓に叩きつける雨の音。

木々が大きく揺さぶられる風の音を聴きながら。

 

 

少しウトウトしかけた頃

 

お腹の赤ちゃんが

 

トントントンと

3回私のお腹を蹴りました。

 

 

 

ん?

 

どうした?

 

 

 

なんとなく呼ばれているような気がして 

トイレに行くと

おしるしが。

 

 

そして、キューーっと

お腹が張る痛みが。

 

病院に電話したら、

念のため病院に来てください、とのこと。

 

 

私は里帰り出産の予定だったので

車を走らせても40分かかります。

 

 

急いで、旦那さんを起こして

嵐の中、車を走らせました。

 

生まれるのかなぁ〜、

怖いなぁ〜

まだ名前決めてないしなぁ〜

 

とか、まだ余裕のおしゃべりをしながら。

 

その中でも一番の思いは

 

よかった、旦那さんがちょうど帰ってきてる日で。

 

 

なんて、親思いの子なんだろう。。と感動したものです。

 

 

病院に付き、診察。

 

 

あ、これ生まれますね〜。

このまま入院してください。

 

とのことで、

 

いろんな検査とかして病室に。 

 

しばらくすると 

 

キタキタキターーーーーーー!!!!!!

 

 

これが陣痛ってものカァーーーーーーい!!!

 

これスンゲェーー

痛ぇじゃねぇーーーかぁーーーーー!!!

 

 

なんじゃこれーーーー!!!!

 

キ、キエル・・・( ̄□ ̄ *) ( ̄□:;.:... ( ̄:;.... ::;.:. .:... ,

 

 

 

 

その横でスースー安眠する旦那さん。

 

 

 

 

 

おい!

 

おい!!!

 

おい!!!!!

 

オイッ!!!!!

 

オーーーーーーイ!!!!!!!!

 

寝てんじゃねーーーーーーーよ!!!! 

ゴ━(# ゚Д゚)━━━━ルァ━━!!

 

 

それでも私は何も言わないんです。

 

 

疲れて寝てる旦那さんを起こしては悪いと思って 

一人静かに陣痛に耐える自分。

 

 

怖い。

痛い。

怖い。

痛い。

 

そんな感じで静かに耐える私。

 

 

あまりにも痛すぎて

 

 

「◯◯君、ごめん。。。

ちょっと看護師さん呼んでくれる?」

と苦悶の顔を浮かべて

 

旦那さんに

気を遣いながら起こす。

 

こんな状態でも

私は自分が出せない。

 

もうこれビョーキ (;´ρ`) グッタリ 

 

 

それから分娩室へ。

 

 

分娩室に入ってからは 

さらに痛みが。

 

 

あまりにも痛くて怖くて、

旦那さんを呼んでください、と

看護師さんに言いましたが、

 

 

旦那さんは「あ、いいです」って

あっさり断ったようです( ̄▼ ̄)

 

 

オーーーーーーイ!!!!!!!( ̄□ ̄#)

 

 

お腹にいる時からおっきいと言われていたお腹の赤ちゃんは

引っかかってなかなか出てきません。

 

 

すると

 

助産師さんが

私の上に馬乗りに!!

 

そして、

お腹を圧迫!!!

 

 

なんじゃこりゃーーーーーー!!Σ(゜ロ゜;)!!

 

 

ウゥッ!!

 

ウゥゥゥッ!!!

 

ウーーーーーーーー!!!!

 

 

でた!!!

 

 

超〜天然系宇宙人の彼女の誕生です。

 

 

 

初産で

入院してから

出産まで

4時間。

 

 

記録!叩き出したどーーーーー!!!!!

 

 

3280gのその彼女を

早速旦那さんの所に連れてってもらい

 

戻ってきた助産師さんに

「旦那さん、なんて言ってました?」

と聞いたら

 

 

「あ、もう生まれたんですか?( ̄ー ̄)」

 

 

ひと事〜〜〜〜〜〜〜(IKKO風)

 

 

 

なんじゃい!!!

 

そんな人生初体験出産の嵐の夜でした。 

 

自分が思い描いていた出産じゃない。

私は悲しんでいました。

 

 

もっと感動するものだと思っていたから。

もっと嬉しいものだと思っていたから。

 

この時のこの経験と記憶が

このあと何年も私に暗い影を落としたのでした。

 

 

 

もう、2度と産まない!!と 

言っていたような気がします(-"-怒)

 

 

 

~ to be continued

 

 

次の記事はこちら↓↓↓

hitomi-sk.hateblo.jp

 

 

**** 

□■お友達募集中■□

友達追加で

LINE@特別価格で体験できますよ〜

友だち追加

f:id:hitomi-sk:20180511165239p:plain

 

★ セッションメニュー ★ 

グループ講座

大切な人に応援されながら 自分の才能を生かして小さな力で大きく稼ぐ半年講座

グループ講座+個別対応の半年講座です。
個人ビジネスに必要なマインドと仕組み作りを
半年をかけて構築していきます。
マインド面では心理学、量子力学成功哲学を用いて
折れない心や信念の強化、自分軸の確立を、
仕組み作りでは無料システムを使用してビジネスを軌道に乗せ
具現化し、さらには自分の力で再現出来る形にまでしていきます。

―――――――――――― 

個人セッション

私史上「ワタシ」になる。 
Make up One's Mindコーチング体験セッション 

 こちらは個人コーチングメニューです。