属さない女たち

It does not belong to women

潜在意識がますます熱い時代が来る


 2018年も残すところあと数分となりましたね。

今、紅白で米津玄師さんがナマ歌を歌っていました。

そのロケーションがあまりにも幻想的なのと

その美声に一人で涙していたところです(笑)

 

この曲には私のたくさんの思い出詰まっています^^

f:id:hitomi-sk:20181231234220j:plain

 

 

f:id:hitomi-sk:20181231234303j:plain

 

 

f:id:hitomi-sk:20181231234243j:plain

 

 

f:id:hitomi-sk:20181231234150j:plain





今年は子ども達を実家に預けて
ひとり静かに大阪の自宅で
過ごしています。

皆さんはどんな年末をお過ごしですか?


そして、2018年はどんな年でしたか?


私は、特にこれと言った特別なことはなく
相変わらずマイペースに過ごした1年でした。


が!

11月に入ってパートナーシップでの
課題がやって来て

周りの人も課題を投げかけるような
そんな出来事があり

それまで見て見ぬ振りして来た
自分自身との闇に向き合うことを決め

それからの2ヶ月は泣いたり怒ったり
落ち込んだり、上がったり、
悟ったりして

気持ちの上でとても忙しい最後の締めと
なりました。


いつもそうなのですが、
私の人生ってこの年末くらいから
年明け3月頃までが

自分の変革や決断の時でして
今年は何事もないかなぁと
思っていたら

やっぱり何かしらある。。。みたいなww


でもようやくなぜ
私はそんなことばっかり
やっているのだろうか。。という
謎が解けてきたのです。


その答えが量子力学の世界に
ありました。


それから学びを深めていくうちに
本当にいろんなことの
辻褄があってきて

過去の色々も
なぜそんなことが起きたのか
全てわかったのです。

 

結局のところ
全て自分が引き起こしていただけのこと。

世界は自分が創っているんだと
本当の意味で理解できたのです。


それさえわかったら
あとは自分の意識をシフトしていくだけ。

それだけなんです。

ただそれがなかなか難しい。

なぜなら、
潜在意識には
過去のたくさんの思い込みが
びっしり詰まっていて
それが原因で

今の現実が創り上げられているから。

この思い込みが
当たり前すぎで、
自分自身では気づけないんです。

思い込みや価値観が
私たちの今の現実を創っているから。

その気づきにくい思い込みに
気づいて、
それを一旦手放して、

新しい価値観や新しい考えを
アップデートしていかないと

新しい現実は引き起こされず

今までと同じパターンの
出来事で悩んだり
同じパターンの人間関係を
繰り返したりしてしまうのです。


例えばコップの中にオレンジ色の
水が入っていたとして

その中に新しく透明な水を入れたとしても
オレンジ色は残ったままですよね。


そんな感じ。(どんな感じ!?)

この説明で
イメージできますか?ww

思い込みが溢れた中に
いくら新しいスキルやノウハウや
テクニックを学んで駆使したとしても

もともとの思い込みの強さの方が
勝っちゃうから

応急処置はできても
根治は出来ない。ってことです。


だからこそ私はこの2ヶ月
思い込みを手放して
新しい意識を入れていくことに
めちゃくちゃ力を入れていました。

そしたらですね!
現実もわかりやすく動き出して
きたんです。

あ〜なるほど!
そういうことか!と。

自分自身に手応えを感じたのです。


これ、いけるな!と。


ちょっと長くなっちゃったんだけど

2019年は
そんな潜在意識をコントロールして
理想の現実を創り上げていくお手伝いが
していきたいなぁと思った次第です。


潜在意識を書き換えて行けば

愛も豊かさも手に入るのです^^


なんかすごい世界すぎて
私は西野カナばりに震えてますよ。


でもきっと
それは今までもずっとそこにあって
私がようやく受け取れるタイミングに
来たってだけのことですね^^


長い道のりでしたわ。。本当に。。。
(遠い目〜)


てことで、皆さん

2019年は潜在意識を意識して
コントロールして

皆さんの理想の現実を
創り上げていきましょう。

 

お年玉企画で明日、

潜在意識をクリアにして
理想の現実を作り上げる無料セッションを
募集しますね〜♪

3日間限定だよ!

この機会にどうぞお試しくださいませ^^


それでは、
皆さんにとっても
2019年が飛躍の年となりますように、

また愛と豊かさに溢れた年となりますように・・・

 

今日もお読みいただきありがとうございます。